Loading...

小岩井紬工房

Koiwai tsumugi koubou

地元特産品を活かし上田紬の
ブランド価値向上をめざす

小岩井紬工房

小岩井 良馬

客観的に日本の文化を見つめることで、伝統を守り継ぎたいという意識が芽生えました

多くの工房が手織(てばた)から力織機(りきしょっき)へ移行するなかにあって 「手織りに徹する」という信念をもつ小岩井紬工房。そのこだわりは「お召し」と呼ばれる紬に象徴されている。 お召し紬は緯糸(よこいと)に強撚糸と紬糸を交互に織り込んだ最高級品で、独自の風合いが特徴。 「織る力が均等でないと波打ってしまい、手織りでは非常に難しい。 手間暇がかかるので、他の産地では機械織りが当たり前。 工房でもお召しが織れる者は限られていますし、僕自身も勉強中です」というほど鍛練を要する。

20代の一時期はドイツに暮 らしていたという小岩井さん。家業への興味は全くなかったが、 「外から客観的に見ることができて魅力に気付き、紬の仕事を継ぐ決心をした。 今は、上田の人々が何百年も守り続けた財産を背負っているという意識があります」。 回り道をしたからこそ、上田という土地へのこだわりは強い。

「上田の特産品を利用して、上田らしさがアピールできる紬をつくりた い」という思いを抱き続け、 構想から3年以上を費やして生み出した新商品は「 林檎染 」と名付けられた 。 その名のとおり染色に使用するのはリンゴの樹皮で、すべて上田産。 経糸(たていと)・緯糸ともに100%の草木染めは珍しいという。 今のところリンゴは「ふじ」だ けだが、別の品種、実、皮は使えないかと研究を続けている。 「改善の余地はまだまだある。もっと突き詰めていかないと、味や深みは出ません」と現状に満足することはない。 小岩井さんの頭の中には、すでに別の特産品を生かした新商品のアイデ アがあるという。 「これからも上田らしさにこだわって、上田紬の価値を高めたい」と前向きだ。 若き職人の手から生まれる新たな作品に期待したい。

ページトップへ戻る

工房紹介

Introduction of Koiwai Tsumugi Koubou

小岩井紬工房 紹介ビデオ

小岩井紬工房の様子

サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像

小岩井紬工房の特徴

オリジナルの林檎染。反物のほかインテリアショップとのコラボで誕生したストールも

紬のなかでも最高級品のお召し。丁寧に織り込まれ独特の手ざわり

名刺には「上田紬手織保存会」の文字が。手織りにこだわり続ける工房では、繰り返し、整経、織り の各工程に数十年前の機械が活躍中

ストラップ、シュシュなど小岩井さん考案の小物類も

色や模様の設計は小岩井さんが担当。「縞と格子は一見単調ながら組合せは無限、それを最大限 に活かしたデザインをしたい」

工房2階の梁に「明治28年建立」の文字が残る風格ある建物。製品が購入できるギャラリーも併設 されている

ページトップへ戻る

工房情報

Information of Koiwai Tsumugi Koubou

基本情報

住所

〒386-0042 長野県上田市上塩尻40

TEL/FAX

0268-22-1927

HP

小岩井紬工房のホームページはこちら

マップ


・上田駅より車で約10分
・西上田駅より徒歩7分
・上田菅平インターから車で約15分

ページトップへ戻る

お知らせ

News of Koiwai Tsumugi Koubou

  • たかはしきもの工房さんとのトークイベント!

    昨年の2月に上田市でトークイベントをご一緒させて頂いた経営エッセイストの藻谷ゆかりさんが新版「六方良し」の出版記念イベントで本の中でご紹介したたかはしきもの工房の髙橋和江さんとオンライントークイベント... 続きを読む

    2021.09.23

  • 5日間の伝統工芸インターン

    先月末から5日間、長野大学の学生さんがインターンで工房に来ていました。 せっかくなら色んな事を経験してもらった方が学生さんの為にもなるかと思って5日間のメニューを考えてみました。 ... 続きを読む

    2021.09.22

  • 信州上田の秋の味覚

    気がつけば9月も下旬に差し掛かっています。 田んぼではカエルよりもバッタをよく見かけるようになり秋だなぁと感じます。 秋と言えば食欲の秋ですね。そして信州上田の秋の味覚と言えば松茸が全国的に... 続きを読む

    2021.09.21

  • 今年の秋の着物イベントについて

    日に日に秋が深まってきて工房の山々も少しずつ緑に赤系の色が混じってきているような感じです。 秋と言えばイベントの季節で、信州上田でもキモノマルシェin上田という着物イベントを2013年から開... 続きを読む

    2021.09.19

  • 秋の味覚を堪能!

    YouTubeで先日工房へインターンに来た長野大学の学生さん(佐藤さん)の仕事っぷりの様子を動画にアップしました。今回は中編で2日目の作業工程をアップしています。 午前は染織の工程(整経)で午後は端切... 続きを読む

    2021.09.19

  • 伝統工芸のインターンReport!

    今日からいわゆる秋の3連休です。 昨年に続いてコロナ禍なので気軽に旅行とか行ける雰囲気ではないですが、気分転換もしたいところです。 さて、8月31日~9月3日の5日間に工房へインターンに来て... 続きを読む

    2021.09.18

  • 着物業界人同士の熱い対談!

    そろそろそろ~りと秋の香り、金木犀の香りがしてくるようになりました。 工房庭の金木犀も色づき始めています。 今年もほとんど県外に出ることが無かったのであまり四季を感じられない年でしたが、自然... 続きを読む

    2021.09.17

  • のどかな日

    今日の午後、外回りの仕事に行った時にたまたま別所線の踏切で止まって電車が通るのを眺めてました。 別所線は単線で日中はそんなに本数が多くないので踏切で止まる事は結構稀なので何だかちょっとラッキ... 続きを読む

    2021.09.16

  • 趣ある歴史的建造物!「須坂クラシック美術館」

    9月13日から2か月間のロングランにわたって須坂クラシック美術館で展示会を開催して頂いています。タイトルは「上田紬とりんご染め」 チラシのりんご染めの着物を林檎のシルエットにしたのはインパク... 続きを読む

    2021.09.14

  • 着物問屋よもやま話

    9月も中旬に差し掛かってくると秋の味覚の情報が色々出てきます。信州は山に囲まれているので葡萄や栗、松茸など今が旬の食が盛り沢山なのでモリモリ食べたいですね。 さて、昨日着物問屋さんが工房へお... 続きを読む

    2021.09.14

小岩井紬工房のお知らせをもっと見る

ページトップへ戻る